◆ でろえろ ◆

←INDEX

◆2018年04月07日(土)19:49  晶さんの大逆襲?
Hiscore_012.jpg 640×854 189Kまさか黒服さんが活躍する展開になるとは…しかも案外ノリが良いしw
教習中にゲーセンで練習にならねーかなー?っていう思考がなんかまんま自分と被ってて笑いました。自分の時は車教習中にデイトナUSAだったなぁ。やっぱし全く参考にも練習にもならんかったし!

真姉ちゃんのスクーターってベスパだった(…になってた)んですね。ゲーセン脇に停めてるシーンで、あの特徴的なセンタースタンドの形を見てアレ?と気づきました。
まー小・中・高と、晶さん一人を送迎するためにロールス使ってるぐらいだから、ベスパぐらいをゲタにするなんて朝飯前なんだろうけど。

…というか!幼少の頃からロールスロイスに轢かれて鍛え上げられ、美人の女の子二人とキャッキャウフフとゲームを楽しみ、渋谷のド真ん中でハグ&ラブコメ全開な展開&朝帰りと繰り広げ、あまつさえベスパまで貰えるなんて…羨まし過ぎる青春時代送ってやがりますでしょハルオくん!

もう進化なんてしなくていんじゃね?とか思っちゃったり!

◆2017年02月18日(土)18:35  ドスケベ男前だよ日高さん!
Hiscore_011.jpg 640×854 214Kと、脱いで押し倒す日高さんなのであった。
んーたしかに、モブ体系なマユマユさんじゃなく心も体もドスケベ絶頂期の日高さんなら、男なら誰だってイチコロどころか壁突き破って吹っ飛ばされるぐらいの破壊力はありそーです!

7巻もう出たのかーと驚いたが、よくよく考えたら休載前はもっと早かったか。
6巻が大野さん路線だったためか、今巻は日高さん無双で大野さん影薄かったですね。
というか、高校生になったからなのか萌美先生が丸くなったからなのか?漫喫で飲み食い漫画寝るぐらいのお小遣いもらえるようになったんだなぁ。

ラブコメ全開してるとはいえ、なんかハルオのほうかヒロインみたいになっちゃってますw
10人抜きした後で自分の男に手を出すな!からのーラブホ行こうぜ!なんて、日高さん男前すぎるでしょう!
ハルオはもうご褒美に童貞をあげちゃうしかありませんな。

川越出身の渋谷勢君(笑)がいい味出してます。なんかたしかに、95年頃の渋谷のゲーセンや盛り場ってこんなノリだったかも。今でもそーかもしれませんが。

◆2016年08月14日(日)18:18  合体!ムーンクレスタ(古っ!)
Hiscore_010.jpg 640×854 218Kハイスコアーガール、華麗なる復活ですね。
というか他の押切作品もかつての多産ペースが戻ってきて、また追っかけるのが忙しくなりそうです。

新版の1〜5巻は、読み切り以外は旧版と同じだからな〜と最初読んでなかったのですがさにあらずで、やはり絡んでるレトロゲームのタイトルがけっこう変わっていて、全部読み直すのに思いのほか時間がかかりました。
日高さんちにあったMVS関連が完全消去になってるのを見ると、やはりハードも絡んでいるからなのか、何か複雑な権利関係があったんでしょうね。

タイトルの「ムーンクレスタ」ですが、モノはぐぐって調べてもらうとして…
(なんでムーンクレスタなのか分かる…はず!…たぶん;)
なんつーか、ハルオ君の部屋はメスの匂いが充満してそうですねぇw
羨ましい青春小僧でやがります。

◆2016年03月15日(火)19:52  ハイスコアパニック
Hiscore_009_Uni.gif 1344×1024 241K(大きい版・448x512ピクセルgifアニメは↓下記リンク。5.53MBあるので注意!)
Hiscore_009_448x512.gif

カネコのギャルズパニック風味。
さすがに陣取りゲームのパートまでは再現出来ませんでしたが。

224x256ピクセル・256色。
横にすれば、かつてのスーファミの全画面サイズ。ひと昔前までは、ガラケーの画面サイズがこれに近かったですね。
今となっては低解像度の一枚絵&差分、あとはUI(=ユーザーインターフェイス。画面まわりのスコアやカーソルの表示部分)チョコチョコ動かせば楽勝でしょう!なんて思って作り始めたのが運の尽き…いやーぜんぜん終わんなかった!

ネットに漂うギャルズパニックのスクショを集めて解析してみると、224x256という解像度でスーファミスペックかな?と思ったがそこはアーケードゲーム。階調多くてディザリングの少ないリッチなパレット使いなんかは実に素晴らしいですね。
自分が描いたのはディザ多用しちゃいましたが…色こさえるのがめんどくなってしまったんすよ;

昨今ではUnityみたいな便利なゲームオーサリングツールとかあるから、こういうドット絵の部材使って簡単なゲームでも作れそう…なんてちょっと企みかけてたんですが、いやーとんでもない!こういった見せかけだけのgifアニメ作るだけでもひと苦労でした。

ドット絵舐めんなよ!256色パレット舐めんなよ!…と、ドット絵時代のクリエイターにコテンパンにされた気分です。

◆2015年05月16日(土)15:36  サークルクラッシャーズ
Omni_020.jpg 640×854 237K本名の「土手山のぶ子」という名前のほうにグッっと来てしまったのは自分だけでしょうかそうですか
蜜壷地獄の時の土手山さんはツインテール解いてたようですが、誰だか分からなくなりそうだったのでそのまんまにしちゃいました。
しかしスレでも書き込みましたが、童貞に戻されちゃうのってどーなんですかね?
おまけにヒメまでサークルから去っちゃうし。
金山君が羨ましくもあるような同情するような…

ともあれしばらく音沙汰無かった押切節も健在だったので、ファンとしては嬉しい限りです。
しかし、こういうオムニバスのお話で単行本になってない話ってけっこうあるんですよねぇ。おばけのおやつ2みたいな感じで単行本化してほしいけど…掲載作品の出版社が違ってると、難しいのだろうか?

◆2014年12月04日(木)23:27  モリガン・アーンスランドは真お嬢様なのか?
Hiscore_008.jpg 640×854 181Kというわけで大野さんちのお姉ちゃん、真さんです。
わがままお嬢様でゲームキャラ…といえばもうモリガン様でしょう。
以前に遠野センセでやっちゃったけど;
Tシャツ一張も良いですが、中学?高校?時代のセーラー服姿もなかなかカッコ良かったですねぇ。晶お嬢さんにもこっちのセーラー着てもらいたかった…とか思ったり思わなかったり。

パンティーネタなぁ…6巻発売までにと取っておいたのに…。
アニメは仕方が無いとしても、単行本の続きが出る望みが無いのが実にツライですねぇ。

◆2014年08月21日(木)21:08  ゆうやみ特攻隊・完結
Yuya_018.jpg 640×854 211Kこのまま彼岸島になってしまうのか?!とも思いましたが…w
隊長の強さの秘密もそうなんですが、シズルさんが東京ツアーするお話も見てみたかったですね。
え、10巻カバー裏?…もうちょっと!ってことで、脳内補完です。
隊長はやっぱり、制服姿のほうが色っぽくて良いですね。

ともあれ発売日の8月6日は、えらいことになってしまいましたねぇ。まさかのスクエニ家宅捜索&ハイスコアーガール自主回収。
煽りを受けたのかどうか分かりませんが、ハイスコアー以外の押切作品まで夕方には本屋で見かけなくなり
(自分が行った本屋で事件とは関係なく偶々、だったのかもしれませんが)
ともあれ本命のゆうやみ最終巻を手に入れないと…!と本屋を回ってみても、馴染みのお店では軒並み品切れ。
帰りの駅中にある本屋で、平積みコーナーで1冊だけ残ってたのを辛うじてGETしました。

押切作品の入手困難は過去ホラーM時代やプピポー、おどろ町で度々経験してましたが、昨今ではメジャーになってきたおかげで平積み購入当たり前になってきてたので、ちょっとその頃のマイナー?時代を思い出してしまいました。

◆2014年08月03日(日)18:37  えもふり日高さん
Hiscore_007.jpg 390×520 105K(大きい版・390x520ピクセルgifアニメは↓下記リンク。8.86MBあるので注意!)
hiscore_007_390x520.gif

JCKスレで作ったえもふりを応用して日高さん作ってみました。
おっぱい揺らし機能は、この人のためにある?!

いやはやパラメーター修正がハンパじゃないですね。
自分のオリジナルだったらまぁいっかで流せるのですが、二次絵だと「似てない角度」がいっぱい出てきて修正、修正、また修正の連続。

今回もまた、最終的な出力はアフターエフェクト(以下AE)で行いました。
えもふりには「物理挙動編集」という、ボタンをポチポチ切り替えるだけでポーズを作れる便利で面白い編集機能があるのですが、ここでシミュレートできる「風」というパラメーターが、あくまでシミュレートだけということなので、タイムライン上では任意に反映・出力することが出来ない。
なので、特定フレームに来たらスカートに風吹いてパンチラひらり…っていうのが出来ないんですよね。

で、どうするか?と考えたのが今回の方法。
キャラの上下左右移動、振りモーション如何でなら任意タイミングで揺れを出すことが出来るので、揺らしたいフレームあたりでキャラ全体を、揺らしたい方向軸にむけ移動させてシェイク!
(見切れないように、トリミング枠を大きめに取る)
で、PNGシーケンス出力してAEにインポート。移動シェイクしてるフレーム区間を、位置移動@トランスフォームで(体だけは)動かないように調整してやると。
そうすればスカートなどの揺れものだけが動いてるように見える、といった寸法になるのです。
今回の日高さんは、えもふり出力時にはスカートめくれる区間のフレームでキャラ全体を激しく上下動させている、というわけなんですね。

えもふりではポーズの動きを撮影しおおもとの素材を作る役割、AEではそれをトリミング・カメラワークを付けて仕上げる役割(ループ処理の補正なんかも)、
といった感じで分担させると良い感じみたいです。

まぁ何にせよ…動画いじりはほんっと…時間がいくらあってもキリが無い!


←INDEX